Excel時短【簡単挿入!フィルターに関する】ショートカットキー

『Excelのフィルターに関するショートカットキーが知りたい!』

『ささっと、すぐに実践できるようなエクセルの時短テクニックはある?』

そんな方のために、時短につながる!エクセルのフィルターに関するショートカットキーについて分かりやすくご紹介いたします。

当記事の特徴としては、セルの選択~フィルターをかけるまですべての作業で【マウスは不要】です。

すべてキーボード上で操作するため、当記事の操作の流れを見て実践されてみてください。

ぽてん
ぽてん

ショートカットキー使って効率化を図りましょう!

エクセル フィルターに関するショートカットキー

フィルターのショートカットキー

(キーボード上の)Ctrlキー + Shiftキー + Lキーが

セルにフィルターをかけるショートカットキーです。

ショートカットキーを使うまでの実際の流れをくわしく説明いたします。

セルを選択~フィルターをかけるまでの操作の流れ

1.フィルターをかけるセル(行・列)を選択します。

▼行・列の選択やセルの一部分の選択なども時短テクとなるショートカットキーがあります!

2.(キーボード上の)Ctrlキーを押しながら、Shiftキー、Lキーを押します。

フィルターをかけた後にもう一度、セルを選択し、Ctrlキー+Shiftキー+Lキーを押すと、フィルターが解除される仕組みになっています。

1~2の流れで簡単にフィルターがかかります。

上図のように、フィルターのプルダウン▼を表示させたい時は、

(キーボード上)Altキーを押しながら(矢印)キーを押すとプルダウンが表示されます。

プルダウンが表示された後は、キーボード上のキーで操作できます。

ぽてん
ぽてん

お疲れ様でした☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました