【簡単!】Excelファイル ロックのかけ方と解除する方法

『特定の人以外に見られてはいけないエクセルファイルにロックをかける(パスワードを設定する)にはどうすればいい?』

『送られてきたExcelファイルにロックがかかっている・・いちいちパスワードを入力しないといけないのは不便!解除する方法が知りたい!』

そんな方のために、Excelファイルのロックのかけ方とパスワードを解除する方法を分かりやすくご紹介いたします。

ぽてん
ぽてん

Excel研究歴8年のぽてんです!
ロックをかける・解除する方法はとても簡単ですよ☆

Excel ファイルのロックのかけ方

1.(上部タブ)ファイルをクリックします。

2.(左バーにある)情報をクリックし、ブックの保護をクリックします。

3.(上図の赤枠内)パスワードを使用して暗号化をクリック。

4.自分で決めたパスワードを入力します。そして、OKボタンをクリック!

※パスワードを忘れないように、メモ帳にコピー&ペーストをし、デスクトップに保存することをおすすめします。

ネット検索をするとパスワードを忘れた際の対処法は存在しますが、Excel側が発信している対処法ではないため、解除するまでの労力を考えると、未然に防ぎましょう!

5.パスワードの再入力画面が出てくるので、もう一度設定したパスワードを入力します。

1~5まで終わりましたら、Excelファイルを名前を付けて保存、または上書き保存をしましょう。

以上の流れでExcelファイルにロックがかかります!

Excel ロックを解除する方法

パスワードのロックを解除する方法もとても簡単です。

1.まずExcelファイルを開くために、設定しているパスワードを入力しファイルを開きます。

2.ファイル > (左バーの)情報をクリックし、(上図の赤枠内)パスワードを使用して暗号化を選択します。

3.今設定してあるパスワードを削除(空白に)し、OKボタンをクリックします。

1~3まで終えた上で、上書き保存をすると、ロック解除が完了します。

以上の流れで次回からパスワードがかかっていない状態でExcelファイルを開くことができます。

ぽてん
ぽてん

お疲れ様でした☆

知って得する!Excelの便利な機能に関する記事はこちら▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました