Excel時短【切り取り・コピー】使い分けていますか?

『他のセルにデータを入力するべきだった‥データを簡単に他のセルへ移動できるようなショートカットキーはある?』

『今までエクセルでコピー&貼り付けをよく使っていたけれど、”切り取り”っていつ使うと便利なの?』

『Excelで今すぐ実践できる時短テクニックが知りたい!』

そんな方のために、エクセルの時短につながる、切り取りコピー貼り付けのショートカットキーと、使うと便利なタイミングの豆知識も合わせて、初心者向けに9枚の画像を使用して分かりやすくご紹介いたします。

ぽてん
ぽてん

時短テクニックを身に着けて、
1分1秒でも好きに使える時間をつくりましょう♪

エクセル【時短テク】 切り取りと貼り付け 

切り取りのショートカットキー

キーボード上の Ctrl キーを押しながら、キーを押すと、切り取りができます。

切り取ったものを貼り付ける時は、

Ctrl キーを押しながら、キーを押すことで、貼り付けが完了します。

切り取りっていつ使うと便利なの?

ショートカットキーは分かったけど、切り取りを使うと便利な時ってどんな時?

使わなくても問題はないけれど、使えば便利、それが『切り取り』。(持論です)

切り取りは、入力したデータを違う位置に移動させたい時に役に立ちます。

(布をイメージしていただいて、チョキチョキ切った布を運んでどこかに置く、みたいなかんじです)

上図のように、例として、太線で囲った表を黄色い位置に移動させたいとします。

・コピー&貼り付けをして、元あったデータを消す
・データの範囲を選択し、マウスでクリックしながら動かす

上記の方法でも移動は可能ですが、この場合切り取りが時短になりますよ!

それでは切り取りの出番です。

操作はとても簡単です。

まず、移動させたいデータを全選択し、

キーボード上の Ctrl キーを押しながら、キーを押します。

あとは移動したい場所の一番左上のセル(上図だとB13)を選択し、

Ctrl キーを押しながら、キーを押すことで、貼り付けされます。

これで移動は完了です。

貼り付け先を選択する時、データが収まる範囲を大きく囲わずに、(移動先の)左上のセルのみを選択すれば移動ができる簡単さがポイントです!

▼行(列)を選択できるショートカットキーはこちらの記事にまとめております!

エクセル【時短テク】 コピーと貼り付け

コピーのショートカットキー

キーボード上の Ctrl キーを押しながら、キーを押すと、コピーができます。

Ctrl キーを押しながら、キーを押すことで、コピーしたセルの貼り付けが完了します。

コピーっていつ使うと便利なの?

切り取り&貼り付けは『データの移動』ですが、

コピー&貼り付けはその名の通り『複製』の機能です。

選択したデータをコピー&貼り付けすることによって、新しいセルにデータを増やすことができます。

コピーを使うと便利な時は、以下の通りです。

・入力する内容が同じなため、単純にデータを増やしたい時
・一から入力するより、データを複製して一部編集した方が早い時

一から入力するより、データを複製して一部編集した方が早い時

特に上記については、エクセルを使用する方の時短として、欠かせないテクニックです。

1.コピーする範囲を選択 > Ctrl キーを押しながら、キーを押す

2.貼り付け先の左上のセルを選択 > Ctrl キーを押しながら、キーを押す

以上の流れでデータが複製されます。

その後に消したい項目だけ編集しながら書きかえて使うと、一から入力するより手間が減ります。

必要に応じて使い分けましょう!

ぽてん
ぽてん

お疲れ様でした☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました