Excel 行(列)を簡単に非表示・再表示するショートカットキー

Excelの列または行を簡単に非表示 or 再表示できるショートカットキーについて、

キーボード上の操作のみで、行(列)の選択~非表示(再表示)するまでのスマートな操作の流れもあわせてご紹介いたします。

ぽてん
ぽてん

列の再表示のショートカットキーが上手く反応しない時の対処法もご紹介します!

Excel 【行】を非表示・再表示できるショートカットキー

行 非表示にするショートカットキー

キーボード上の Ctrlキーを押しながら、キーを押すと、選択した行を非表示にすることができます。

時短/実際の操作の流れ

例として、下図の水色の行を非表示にしたいと思います。

1.【行を選択するショートカットキー】キーボード上の Shiftキーを押しながら、スペースキーを押します。

※行を選択するショートカットキーについては以下記事に詳しくまとめております▼

2.キーボード上の Ctrlキーを押しながら、数字のキーを押します。

1~2の以上の流れで簡単に、選択した行を非表示にすることができます。

行 再表示するショートカットキー

キーボード上の Ctrlキーを押しながら、Shiftキー、キーを押すと、非表示になった行を再表示することができます。

行の再表示/実際の操作の流れ

1.上図のように、非表示になった行を挟む、前後の行を選択します。

非表示部分を選択してもOKですが、幅が狭く非表示部分をクリックしづらいため、上記1.のように前後の行を選択した方が早いと思います!

2.キーボード上の Ctrlキーを押しながら、Shiftキー、キーを押します。

1~2の以上の流れで非表示の行を再表示することができます。

Excel 【列】を非表示・再表示できるショートカットキー

列 非表示にするショートカットキー

キーボード上の Ctrlキーを押しながら、キーを押すと、選択した列を非表示にすることができます。

時短/実際の操作の流れ

例として、下図の黄色の列を非表示にしたいと思います。

1.【列を選択するショートカットキー】キーボード上の Ctrlキーを押しながら、スペースキーを押します。

※列を選択するショートカットキーについては以下記事に詳しくまとめております▼

2.キーボード上の Ctrlキーを押しながら、数字のキーを押します。

1~2の以上の流れで簡単に、選択した列を非表示にすることができます。

列 再表示するショートカットキー

キーボード上の Ctrlキーを押しながら、Shiftキー、キーを押すと、非表示になった列を再表示することができます。

列の再表示/実際の操作の流れ

1.上図のように、非表示になった列を挟む、左右の列を選択します。

非表示部分を選択してもOKですが、幅が狭く非表示部分はクリックしづらいため、上記1.のように左右の列を選択した方が早いと思います!

2.キーボード上の Ctrlキーを押しながら、Shiftキー、キーを押します。

1~2の以上の流れで非表示の列を再表示することができます。

ショートカットキーが反応しない時の対処法

Ctrlキーを押しながら、Shiftキー、キーを押しても、非表示の列が再表示されない!』という場合があります。

ぽてん
ぽてん

これは、使用しているWindowsのキーボードの設定が関係しています!

私自身、会社のPCでは再表示のショートカットキーが使えるのに、自宅のPCだと反応しない!という事がありました。

ショートカットキーが反応しない方は、以下の設定を試されてみてください!※Windows10の場合です

1.スタート > 設定 をクリック

2.時刻と言語 をクリック

3.(左側にある)言語 をクリック

4.(右側にある)スペルチェック、入力、およびキーボードの設定 をクリック

5.(その他のキーボード設定内の)キーボードの詳細設定 をクリック

6.入力言語のホットキー をクリック

7.(上図の赤矢印部分)キーの詳細設定 を選択後、キーシーケンスの変更 をクリック

8.(おそらく、Ctrl+Shiftにチェックが入っていると思いますので‥)割り当てなし を選択し、OKをクリック

9.最後にOK をクリック

『上記の設定をしてもなぜかショートカットキーが反応しない‥』という方もいらっしゃるとのこと‥(現時点では私も原因が分からずTT)

そんな場合は▼

Altキー → H → O → U → L を押すという手もあります。(語呂合わせで覚えるといいかもしれません!)

ぽてん
ぽてん

お疲れ様でした☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました